環境保全/地域活動

エコキャップ活動年間回収実績

総務部の間苧谷です。

KES環境改善目標に、エコキャップ活動を設定し4年経過しました。

年間の回収実績が集計できましたので、報告いたします。

ペットボトルキャップ回収実績

期間 平成28年7月 ~ 平成29年6月

重量 40.1kg

個数 17,284個

ポリオワクチン 20人分

1年分のキャップをまとめて、エコキャップ推進協会へ送りました。

ご協力ありがとうございました。

2017.8エコキャップ

※累計 138.1kg 59,524個

※エコキャップは再生プラスチック原料として換金し、医療支援や障がい者支援、

子どもたちへの環境教育等、様々な社会貢献活動にあてられています。

消防訓練

総務部 間苧谷 です。

6月18日(土)に、消防訓練(通報・避難・消火)を行いました。

☆ 自衛消防隊の活動
自衛消防隊長(総括指示)
通報連絡係(119番通報)
非常放送係(館内放送)
初期消火係(消火器にて消火活動)
避難誘導係(非常階段から避難誘導)
防護安全係(防火扉の閉鎖確認)

各係の任務が、スムーズに遂行できました。

訓練での反省点を改善し、今後も訓練を積み重ね、防火意識を一層高めて行きます。

☆ 消火訓練では、「火事だー」と大きな声で周囲に火災を知らせてから、消火器を手に取り、消火活動を行いました。

20180624

☆ 火災予防のために、毎日の火の始末や、コンセントの 差し込み口を点検・清掃することも大切です。

☆ 当グループ会社では、地域で活動する現役消防団員・OBの方が、在籍しているので心強く思います。

※消防設備会社の大槻ポンプ工業(株)さんから、訓練用の水消火器と火元装置を貸し出して頂きました。
いつもありがとうございます。

海洋汚染

専務取締役 安田浩一です。

安田建設グループが,1998年に環境整備活動を開始し18年目となります。
その間、多くの捨てられたゴミの回収と共に、多くの人が環境活動参加への契機となったのではないでしょうか。
また、KESの認証を受け10年になります。
美しい丹後、美しい地球の為に少しでも、貢献できたでしょうか。
最近環境問題で気になるのが、マイクロプラスティック。諸説ありますが、概ね5㎜以下の微細なプラスティック粒子のこと。
この粒子は海水中の有害物質を吸着し易い特長を持ち、その有害物質を沢山含んだ粒子を小魚が食べ、その小魚を大きな魚が食べる。最後は人間が食べると言う食物連鎖により,健康被害や知能の低下などが懸念されています。
かつてのPCB汚染も思い出されます。四方海に囲まれた島国にとってはゆゆしき問題でもあります。
このような海洋汚染を食い止めるためには、ゴミの減量は勿論ですが、河川からのゴミを河口で食い止める事、河川へゴミを流さない事が重要とります。まさに海の恩恵を享受する私たちも、環境整備を通じて少しでも美しい丹後、美しい日本海に貢献できればと思います。

迎春 天橋立一斉清掃

総務部 吉川です。

毎年、安田建設グループが参加している「迎春 天橋立一斉清掃」が先日行われ、私も家族と共に参加してきました。

当日は天候にも恵まれ、子供達は砂浜の散歩を楽しみつつ、海岸のゴミ拾いを一生懸命手伝ってくれました。

落葉や漂着ゴミがきれいに清掃され、とても美しい松並木になったと思います。

天橋立を訪れる観光客の方々に、美しい姿を楽しんでいただきたいです。

エコキャップ活動年間回収実績

総務部の間苧谷です。

KES環境改善目標に、エコキャップ活動を設定し2年経過しました。

年間の回収実績が集計できましたので、報告いたします。

ペットボトルキャップ回収実績

期間 平成26年7月 ~ 平成27年6月

重量 30.7kg

個数 13,232個

ポリオワクチン 15.3人分

1年分のキャップをまとめて、エコキャップ推進協会へ送りました。

ご協力ありがとうございました。

20150905

6月は環境月間

総務部 矢野です。

6月5日は環境の日です。
これは、1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたものです。国連では、日本の提案を受けて6月5日を「世界環境デー」と定めており、日本では「環境基本法」(平成5年)が「環境の日」を定めています。平成3年度から6月の1ヶ月間を「環境月間」としています。
6月中は、関係府省や地方公共団体などにより全国で様々な行事が行われます。
環境を会社組織の中で考えると、継続的に取りむための仕組みが必要だということです。そこでおすすめなのが『KES・環境マネジメントシステム』です。
安田建設グループはKES活動を始めて9年になり、CO2排出量の削減,省エネルギーによる経費節減、従業員の環境意識の向上等の成果がでています。
今後も継続して有意義な活動が出来るよう社員一丸となり、知恵を出し合っていきたいと思います。

1 2 3